プロフィール

牡丹 亮介 (ぼたん りょうすけ)

生年月日  1990年4月24日

出身地   大阪府堺市

血液型   O型

趣味    英語学習・スポーツ観戦(特にサッカー)

座右の銘  雨が降っても自分のせい

自己紹介

はじめまして。パーソナルトレーナーの牡丹 亮介です。

私は主に大阪難波のパーソナルトレーニングジムにて、一般の方のダイエットやカラダの不調改善の運動から、アスリートはサッカーを専門に小学生からJリーガーまで幅広くトレーニング指導をおこなっています。

また、パーソナルトレーナー養成講座やセミナー講師の活動も務めています。

メッセージ

私は今まで大手フィットネスクラブ、整骨院併設のトレーニングジム、病院内のトレーニングジムにてトレーニング指導をおこなってきました。

カラダの不調・痛みの改善、ダイエット、アスリートのトレーニング、ケガのサポートなど、さまざまな運動・トレーニングを指導していく中で、パーソナルトレーナーにはトレーニングの専門知識だけでなく、幅広い分野の知識が必要であることに気付きました。

 

スポーツのパフォーマンスアップで考えれば、サッカーと野球では競技の特性は大きく異なります。

そのため、サッカーと野球選手のフィジカルトレーニングは全くもって別物であるべきです。サッカーのフォワードと野球の内野手の選手には同じトレーニングではなく、競技特性やプレーのスタイルなどを考慮したトレーニングが必要です。

 

サッカーにおいてはフィジカルの向上=パフォーマンスアップと直接結びつくものではありません。ボールを扱うテクニックや状況の認知・判断といったこともフィジカルのパフォーマンスと大きく関係します。

そのため、ただフィジカルトレーニングをするのでなく、実際のプレー・カラダを動かしている感覚や動画などを確認しながらトレーニングを進める必要があります。

それらがあってはじめて、サッカーの試合で速く走れる、動きやすい、反応や一歩目が速くなったなど、"サッカーのパフォーマンス"が高まります。

 

大事なのは「サッカーには◯◯トレーニング」といったものをおこなっていくのではなく、「あなたのサッカーのパフォーマンスが高まるトレーニング」「あなたの一歩目が速くなるトレーニング」を積み重ねていくことではないでしょうか?

 

「自分に必要なトレーニングを知りたい」

「自分に合ったトレーニングでパフォーマンスを高めたい」

 

そう思っている方はぜひ私にお手伝いをさせて下さい。

いつかお会いできることを楽しみにしております。

セミナー講師実績

  • 2019年6月
    - 体幹の機能解剖学とエクササイズへの展開
  • 2019年10月
    - 下肢の運動機能とエクササイズへの展開
  • 2020年9月
    - 構造化を背景としたムーブメントトレーニングの考え方

所有資格

  • NSCA-CPT
  • NASM-CES
  • EBFA-BTS®︎ Level1
  • AZCARE-BP

主な修了セミナー

  • Postural Restoration Institute
    - Myokinematic Restoration
    - Postural Respiration
  • Dynamic Neuromuscular Stabilization
    - Exercise Course Part I
  • World Football Academy
    - サッカーのピリオダイゼーションアドバンスコースLv1
    - サッカーのリハビリテーションベーシックコース
  • Best Performance Laboratory
    - Mentorship Education Program Phase I
  • Differential Learning Systems
    - DLS Certification (Level 1) - Techniques